人生なんて暇つぶし

楽しく働きたいエンジニアの雑記ブログ。Web系がメイン。たまにAI、ブロックチェーン。

PowerPointで使いたいフォントがあったから追加してみる

PowerPointで資料作成中にRobotoというフォントを使用したく、その方法を調べてみました。 なお、フォントの追加は利用しているPC自体に適用されるので、1度フォントをインストールしたら他のoffice製品やエディタでも使用できるようになります。

環境

macOS High Sierra(10.13.4)

フォントをダウンロードする

Microsoftのサイトを調べて初めて知ったのですが、フォントをダウンロードできるサイトがあるようなのでアクセスします。

www.dafont.com

検索フォームにインストールしたフォント名を入力し「Search」ボタンをクリックします。 f:id:maroemon58:20180712101740p:plain

検索条件に一致するフォントがあれば一覧に表示されます。

「Download」をクリックし、zipファイルをダウンロードしましょう。 f:id:maroemon58:20180712101806p:plain

インストールを実行する

zipファイルを解凍すると中に拡張子が「ttf」のファイルがありますので、こちらを全て選択した状態でダブルクリックします。

f:id:maroemon58:20180712101924p:plain

Font Bookというアプリが起動し、インストール画面が表示されますので、「フォントをインストール」をクリックしましょう。

f:id:maroemon58:20180712101937p:plain

無事インストールが完了したらユーザフォントに追加されます。

f:id:maroemon58:20180712101954p:plain

利用できるか確認

目的であるPowerPointでRobotoが利用できるか確認してみましょう。

f:id:maroemon58:20180712102011p:plain

ちゃんと選べますね。

まとめ

一度やってしまえばカンタンにできますね。

注意すべき点としてフォントのダウンロードは信頼できるサイトから行いましょう。ではまた。